更年期障害っていつから?若いのになる若年性更年期をセルフチェック!

%e9%a0%ad%e7%97%9b
最近お体の不調で悩んでいませんか?頭痛やほてり、冷え性、イライラなど、何となく症状が更年期障害に似ているけれど、まだ更年期といえる年齢じゃないし…。

身体が思うようにいかないと日々の生活も大変ですよね。お大事にして下さい。

更年期障害って40歳位からって思っていましたが、実際はどのくらいだっけ?そう思ったのは最近私の頭痛がひどくなってきたのがきっかけです。私はまだ(もう?w)30代ですが、偏頭痛とも緊張性頭痛とも違う感じなので、もしかして更年期?(笑)と軽く考えたのが事の始まりでした。

でも、実は若い人でも更年期になる人が増えていているんですって。

スポンサードリンク

更年期障害っていつからだっけ?

本来、更年期障害とは女性が閉経を迎える平均的な年齢である50歳を挟んで、前後10年、つまり45歳~55歳に様々な体の不調が出る事をいいます。

閉経を間近に控え、または閉経を迎えると、女性ホルモンの一つである『エストロゲン(卵胞ホルモン』の分泌が急激に減少します。エストロゲンが減少すると、エストロゲンの働きによって調節されていた身体の色んな機能がうまく働かなくなります。そうすると、脳がエストロゲンをもっと作るように命令を出すんですが、その時に自律神経が乱れてしまい身体のあちこちに不調がでます。

この体の不調が更年期障害と呼ばれるものです。

つまり女性ホルモンが減る事によって自律神経が乱れる事で体調不良を引き起こすんですね。

ですので、本来、更年期障害という物は閉経前後のご婦人方に起こるものといえます。

更年期障害に若いのになる事もあるの?

更年期障害は45歳を過ぎてからって思って安心しましたか?でも、ちょっとそれは早計だったりします(^^;
私も『なーんだ!まだ30代だから大丈夫♪』なんて思ったりしましたが、ところがどっこいでした(^^;

若年性更年期障害

という物があるのです。若年性更年期障害は20~30代でなってしまう更年期障害の事です。下手をすると10代後半で症状が現れる方もいます。

じゃあ、この若年性更年期障害って普通の更年期障害と何が違うんでしょうか?

若年性更年期障害の原因は殆どはホルモンバランスの乱れからきます。普通の更年期が閉経を理由に女性ホルモンが少なくなるのに対し、若年性更年期ではストレスなどの自律神経の乱れにより女性ホルモンのバランスが乱れている、つまり原因はどちらも女性ホルモンですが、発症するきっかけが違うのですね。

ホルモンバランスが乱れる原因は以下の通りです。

  • 過度なストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • 肥満
  • 過度なダイエット
  • 喫煙

どれも、心や体に過度なストレスを与えるものですね。これらが原因となって正常なホルモン分泌の妨げとなります。

家事や育児、仕事や対人関係、肥満や無理なダイエット、ヘビースモーカーであるなど、心当たりはありませんか?

私の場合は睡眠不足でしょうか?0歳8か月の下の子は良く寝てくれるのに、3歳のお姉ちゃんが中々寝てくれず、しかも夜にいきなり発狂します。夜驚症(やきょうしょう)?なんて思っていますが。これが、睡眠不足に加えストレスにもなっているのかもしれないです。

ストレスという自覚はないんですけれどね。

また、これら以外にも病気が原因になっている事もあります。それが『卵巣機能不全』と『卵巣機能低下症』です。極端な生理不順や無月経などの症状がある方はそれが原因となっている場合もあります。

卵巣機能不全・卵巣機能低下症の心当たりがある方は早めに婦人科を受診した方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

若年性更年期障害の症状をセルフチェック

若年性更年期障害が疑われるようなら、本当は病院で観て貰うのが手っ取り早く確実なのですが、産婦人科って抵抗がある人も多いですよね。

若年性更年期障害によくみられる症状をピックアップしましたので、自分に似たような症状が無いかをチェックしてみましょう!

身体的要因

  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛
  • 火照り
  • 冷え性
  • 手足の震え
  • 生理不順
  • 重い生理痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肌荒れ

精神的要因

  • イライラ
  • やる気が出ない
  • 倦怠感
  • 集中力がない
  • すぐ落ち込む
  • 物忘れがひどい
  • 情緒不安定
  • 眠れない
  • 起きれない
  • 食欲がない

あなたはいくつ該当しましたか?

私は身体的要因が6個、精神的要因が8個当てはまりました。

実は何個当てはまったからと言って若年性更年期障害ですというような診断ではないのですが、多ければ多いほど可能性は高いと思われます。

結局の所は診断を下すのはお医者様なので、もしかしてそうなのかも?という参考程度に留めていただけると幸いです(^^;

若年性更年期障害は普通の更年期障害と違って閉経という自分ではどうしようもないものが原因ではない為、ある程度は自分で生活習慣を見直すことで改善できる場合もありますよ。

当たり前の事なのですが、バランスの良い食事や規則正しい生活って大切です。大切なんですけれど、これってとても難しい事ですよね。ですが、そうする事で自律神経が整えられ、身体の具合が良くなることもあります。

どうしてもダメだという方はサプリに頼ってみるのもいいかもしれません。今は更年期障害に悩む方に向けたサプリが市販でも簡単に手に入りますよね。更年期障害も若年性更年期障害も原因はホルモンバランスや自律神経の乱れなので、更年期障害用のサプリで有れば若年性でも効果が期待できます。というか、女性の悩み系のサプリで有れば原因は同じと言ってもいいかもしれません。

もしかしたら、サプリを摂っているという安心感から症状が改善するプラシーボ効果もあるかもしれませんよ。

サプリや漢方薬などは人によっても効果がある人も居ればそうでない人も居る為、これがいいとはおすすめ出来ないのですが、気になるものが合ったら試してみるのも手です。

症状も人それぞれ、重症度も人それぞれなので、自分に合った解消方法を試してみて下さいね!

まとめ

更年期障害は重い人も軽い人もいます。もし、気になる症状があって更年期障害をうたがったなら、勇気を出して病院を受診してみるのが一番ですよ!実際に受診している方も沢山いらっしゃいますので恥ずかしい事ではないです♪

ですが、重く考えすぎないのも実は一つの解決方法かもしれないですよ(*´ω`*)

お体をお大事にして下さいね!



この記事を読んだ方は、こちらの記事にも興味を持っています♪