猫の換毛期 期間中の抜け毛対策と掃除の仕方!

猫ってかわいいですよね。うちにもメインクーンが2匹います。

可愛いんですけれど、換毛期は抜け毛が大変!!!特にうちのは大型&長毛種なので、半端ないです。

朝起きると、部屋の中は西部劇の様に毛玉がコロコロと転がっていきます。

2匹でこれなら、ブリーダーさんのお宅はもっとすごい事になっているんだろうなぁ。と、常日頃から綺麗にしているブリーダーさんには頭が上がりません。

さて、こんな猫たちの抜け毛、少しでも何とかならないかと、色々やってみました。少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  

猫の換毛期 期間はいつからいつまで?

猫さんの換毛期は大体は春(3月頃)秋(11月頃)に始まります。お住いの地域にも寄りますが、大体は寒さが落ち着いて暖かくなってくる頃と、寒さが厳しくなってくる頃に夏毛と冬毛が生え変わります。

また、冬よりは春の方が抜け毛が多いです。

夏は暖かいので、毛の量は少ない方が快適ですよね。逆に冬は寒いので毛を厚めに着込んで暖かさを確保します。なので、冬に沢山着込んだ毛を脱ぎ捨て、涼しい夏の毛に生え変わる春が、抜け毛の量が多いのです。

最近は猫は室内飼いが主となっていますが、年中空調が効いているため、このサイクルが崩れて、一年中毛が抜けてる猫さんもいるようです。それでも、春と秋の抜け毛はけた違いのようですが。

猫の換毛期の抜け毛対策

では、この大量の抜け毛、部屋に散らかる前に何とか少なく出来ないものでしょうか?

猫の毛の色に寄って抜け毛の量が変わる?

もう猫を飼っている方々には、今更どうしようもない話ですが、どうやら、猫の毛の色や質に寄って抜け毛の量は違うようです。
シルバー系の子たちは抜け毛が多い様です。逆に抜け毛が少ないのはキジトラや茶トラなど、赤っぽい子たち。
また、タビー(縞模様)よりは、ソリッド(無地)の方が抜けやすいそうな。

なるほど!うちの子達は2匹ともシルバークラシックタビー。
道理で抜ける訳だわ…。

ただ、同じカラーの2匹ですが、1匹はサラサラ、1匹はふわもこな毛質なんですね。サラサラの子の方はそこまで毛が抜けないんですけれど(それでも抜けますが)、ふわもこの方の抜け毛がひどい!なので、経験上、毛が固めでサラサラしている子は抜けにくく、柔らかくてふわふわしていると抜けやすい印象ですね。

またうちのメインクーンはシングルコートなので、まだ良いのですが、ノルウェージャンなどのダブルコートになると、ふわふわなアンダーコートが更に抜けそうです。

抜け毛を減らすにはグルーミング

大変なのはわかっています。でも、結局のところ、抜け毛を減らすには毎日のグルーミングが一番です。抜け毛が増えてくると毛玉も出来てきますし、猫を飼うには避けて通れない道なので、頑張りましょう!

この時期おすすめなのが、「ファーミネーター」。なんかのパクリみたいな名前ですが(笑)

普段のグルーミングの後に使いますが、抜ける予定の毛をすき取ってくれるという優れもの!

ちょっと部屋は散らかってしまいますが、面白いくらい毛が取れます。禿げるんじゃないかってくらい!というか、説明書にもやり過ぎると禿げると書いてあります。

でもね。どんだけやったら禿げるのか知りたい!私も愛用していますが、使っても使っても禿げません(笑)抜け毛ボールが作れるくらい、どんだけ抜けるの?ってくらい抜けるんですが、それでもやっぱり部屋に毛が舞っていますから。この商品使っていなかったら、部屋の中にどれだけ毛が…と想像すると恐ろしいです(笑)

スポンサードリンク

後、おすすめしておいてアレですが、注意を一つするならば、サラサラの子の毛はあんまり取れませんでした。いえ、もともと抜け毛が少ないのでファーミネーター使うまでもなく、普通のグルーミングで事足りるのですが。アンダーコートみたいな、ふわふわした毛を取るなら持って来いなので、愛猫さんの毛質と相談してみて下さいね♪

手っ取り早くシャンプー

シャンプーを嫌がる子でなければ、これが一番手っ取り早いかと思います。シャンプーする前に、一度ムダ毛を取り除いてあげて下さいね。絡まって取れなくなるので。

地肌を洗うように洗ってあげて下さい。タオルドライをしっかりしたらドライヤーでも、暖かい時期なら自然乾燥でも!

完全に乾いたらしっかりコーミングしてあげると、びっくりするくらい毛が抜けます。これで、しばらくは抜け毛が減ると思います~♪

春はいっそのことサマーカット

これから暖かくなる時期、サマーカットには賛否両論ありますが、うちの子は長毛種な上、暑さに弱い子がいるのでカットしてしまいます。空調もしていますが、それでもパッティングしてしまうので(^-^;

麻酔無しでもバリカンさせてくれる子なので、ストレスにならない程度に少しずつカットしていますね。本ニャンも快適そうにしているし、毛が短いことで抜け毛も減ったように感じるし、ライオンさんみたいで可愛いので、私は気に入っています。

ただ、嫌がる子は獣医さんで麻酔をして貰いカットして貰う事になるので、お歳を召していてちょっと麻酔が心配な子や、「毛を刈ったら体温調節とか出来ないでしょ?人間の勝手で毛を刈るなんてかわいそう」という意見の方には向かないかもですね。

猫の換毛期 掃除のおすすめ

換毛期は朝晩の掃除機は必須ですね。また、絨毯は毛が取れにくいので使わない方が無難です。掃除機は、私は紙パックの方がおすすめ。好みもあるでしょうが、紙パックでないとすぐにいっぱいになるし吸引力弱る気がして…。高い吸引力のある掃除機だと違うのでしょうか?使っている方、情報ください(笑)

また、敷物は今まで試したもので良かったのはコルクマットです。ちょっとお値段張りますが、掃除が楽・ボロボロになったらその部分だけ取り換えられる、コルクなのでジョイントマットと違って爪でひっかかれても穴が目立たないなど。

フローリングが一番掃除が楽なのでしょうけど、猫の足にも良くないし、人間も地べたに座りたい時に硬いですからね。

コロコロも必需品です。絨毯、ソファ、カーテン、洋服、布製品など、掃除機で吸いきれないものはコロコロ。気付いた時にすぐに出来るよう、何カ所かに置いています。玄関に置いておくと、出かける前の洋服の毛を取るのに便利ですね。
布製品には、抜け毛用のエチケットブラシ「ぱくぱくローラー」や「一毛打尽」といった抜け毛を集めるスポンジもおすすめですよ。

最初からコロコロを使ってしまうと、半端ない量のテープを使ってしまいますので、コロコロをかける前にこれらである程度毛を取り除いておくことで、コロコロの節約になります。

是非お試しあれ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?この換毛期の時期、抜け毛で悩まされる人は本当に多いと思います。私も色々試行錯誤を加え頑張ってきました。

可愛い家族と快適に共存する為に、工夫して頑張るしかないのです。きっと、与えたものよりも大きなものを貰えますから(^^♪

スポンサードリンク