雨の日に室内で遊びたがらない子供をその気にさせる遊び方とは

梅雨子供って外遊びが大好きですよね。

夕方になって『帰るよ!』と行っても、
『まだ遊ぶの!』と言って帰ろうとしないったら。

これから梅雨の季節、雨が降っていても外で遊びたがる子供。何とか家の中で遊ばせたいんだけど、外に行くと聞かない。

何とか家の中で遊んでくれる方法はない?

そんなお母さん達のために提案します。

スポンサードリンク

雨の日に室内で遊びたがらない子供をその気にさせる方法

子供にとって、外遊びの魅力は室内遊びとは比にならない程大きいものです。
外の広い場所で全身を使って遊び回るのが楽しくてしょうがないのですね!

その外遊びに対抗するには、普段とは違う『特別』を用意する事です。

雨の日の室内遊びだけの『特別』を作ることで、子供が雨の日を心待ちにする様になり、『今日は雨だからお家でコレで遊べる』と思わせる事が出来たら、してやったり!

雨の日限定の玩具や遊び方など決まりを用意する事で、雨の日が楽しみになり家の中でもすんなり遊んでくれるようになるでしょう♪

では、実際にどのような遊びが子供たちに受けるのでしょうか?

次の章では、子供たちの反応が良かった遊び方を紹介しますね♪


スポンサードリンク

雨の日の遊び方 子供が喜ぶおすすめの遊びを紹介!

では早速、紹介していきますね!
コツは普段では中々遊ばない、ちょっと手の込んだ遊び方をする事です♪

  • こむぎねんど
  • 定番ですが、粘土を買ってくるのではなくて、小麦粉を使って粘土を作るところから始めてみましょう!
    子供と一緒に小麦粉と水を混ぜ混ぜ♪絵の具や食紅を混ぜるとカラフルな粘土が作れますよ。色んな色を作るのも楽しいですね。
    粘土を作ったら、造形して更に楽しめるので時間を稼ぐには持ってこいです。

    【こむぎねんどの作り方】
    材料
    ・小麦粉 1カップ
    ・油 大さじ2
    ・塩 大さじ2
    ・水 50cc
    ・食用色素 または 絵の具 適量

    つくり方
    ・ボールに色素以外の材料を入れて混ぜる
    ・粉や水を足してかたさを調節する
    ・なめらかになるまでこねる
    ・食用色素か絵の具で粘土に色を足して混ぜ込むようにこねる

    小麦粘土の作り方はこれだけです!色を付ける時は、ちょっとずつ様子をみながら足していってくださいね。
    意外と白いままでも喜んでくれます。

  • キネティックサンド
  • 家の中で砂遊びが出来る商品です。結構有名ですよね。お外に行って砂遊びをするのが好きな子供さんにはこれ!普通の砂よりも造形しやすく、面白い手触りで散らかりにくい。…とはいえ、散らからないとは限らないので、浅めで大きめのトレーを準備し、新聞紙やレジャーシートを広げておいた方が得策です。それと、遊んだ後の掃除機は必須。小さめのビニールプールの中で遊ばせるという方法がおすすめです!

  • ボールプール
  • 小さめのビニールプールを膨らませてボールを入れ、ボールプールをします。子供はボールプール好きですからね♪プールの中におもちゃやおやつを隠して宝探しなどをしても楽しいですよ。

  • 子供と一緒に家事
  • 家事とはちょっと違うかも知れませんが、キッチン周りを片付けたり食品の整理をするのも、子供にとっては案外楽しい遊びだったりします。大人の真似をしたい時期なので、案外一生懸命お手伝いしてくれますよ!かえって散らかるかも知れませんが(笑)

  • お風呂で遊ぶ
  • お風呂に温めのお湯を少しためて水遊び
    。ボールプールのボールを浮かせてもいいですし、水鉄砲やお風呂用のおもちゃでキャッキャします♪
    シャボン玉もおすすめです。家の中では出来ませんが、お風呂ならいくら濡れても大丈夫なので安心。

どうしてもダメだったら...
状況が許すのならば、たまには意を決してお外に行ってみるのもいいものかも知れませんよ?お揃いのレインコートを着たり楽しみ方は色々!長靴を履いて出掛けてみましょう!
出掛ける前は、汚れた時の為に玄関にタオルや着替え、お風呂の準備もしておくといいですね(^^♪

まとめ

いかがでしたか?小さめのビニールプールは、ボールプールやキネティックサンドで遊ぶ時、夏になればプールとしてなど、様々な用途に使えるので、1つ持っておくのが良いかも知れませんね♪

雨が続くと子供も大人もストレス溜まっちゃいますが、上手く発散させていきましょう!

スポンサードリンク