夏バテ対策に運動は必要?汗の質はお風呂と違いがあるの?

皆さんは夏バテの予防って何かしていますか?夏バテの予防に運動が必要って聞いた事が有りますが、この暑い気温の中運動してしまって本当に大丈夫なのでしょうか?

夏バテに運動が必要なのにはこんな理由がありました。

スポンサードリンク

夏バテの対策をするのに運動は必要?

夏バテを解消するために運動をする事の目的は、『エネルギーを消費して食欲を増進させる事』と『自律神経を整える事』の2つです。特に自律神経は夏バテに大きく関わってきますので、こちらについて詳しく説明したいと思います。

夏バテをする理由の一つに『汗をかかない(かけない)』という事があります。汗をかけないと体温調節が上手くできず、結果、体の中に熱が溜まって夏バテを起こすという結果になります。

汗がかけないのは新陳代謝や自律神経が乱れていることが原因です。特に日中クーラーの効いた部屋にばかりいると、汗をかけなくなる傾向にあります。これは、身体が冷えたことにより汗腺が休んだ状態になってしまうからです。

そこで、夏場に軽い運動をする事により、汗腺を鍛えることが出来ます。汗腺を鍛えると、身体の発汗作用が向上し新陳代謝が良くなり、自律神経も整えられ、結果、夏の暑さに強い身体を手に入れることができるのです!

発汗作用を高めるためには、軽い運動を続けることが大切です。特に有酸素運動は血行を促進させ自然に発汗を促すことが出来ます。

運動をする際は、朝の涼しい時間に行うなど、暑い時間帯を避けて、自転車漕ぎやウォーキングなどを行います。目標はじんわりと汗をかくこと!汗をかけない人は最初のうちは全く出ないかも知れませんが、続けているうちに汗腺が鍛えられ、汗をかくことが出来るようになってくるはずです!最初は近所のスーパーに買い物に行く程度でもOK。間違っても炎天下で激しいスポーツをいきなりするようなことはしないようにして下さいね。

もう一度いいますが、大切なのは、体温が緩やかに上昇するような軽い運動を続ける事です。

運動時には、多少なり水分とミネラルが失われるので、スポーツドリンクなどでの水分補給も忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

運動で出る汗の質が重要だった!

汗にもいい汗と悪い汗があるのはご存知ですか?上で紹介した発汗トレーニングはいい汗をかくためのトレーニングになります。自分は汗だけはすごく出るから大丈夫!!なんて油断していませんか?
その汗、実は悪い汗かも?自分の汗がどんな汗なのかここで理解しておきましょう。

いい汗の特徴

  • サラサラしている
  • すぐに体外へ出ていく
  • 蒸発しやすい
  • 臭いが少ない
  • 体温を上手に下げられる
  • 含まれている塩分(ミネラル)が少ない
  • 汗をかくとスッキリする
悪い汗の特徴

  • ベタベタしている
  • 中々体外へ出て行かない
  • 臭いが強い
  • 体温をうまく下げられない
  • 含まれている塩分(ミネラル)が多い
  • 汗をかいてもスッキリしない(不快)

どうです?あなたはどちらの汗をかいていますか?

いくら汗をたくさんかいていてもベタベタした不快な汗であるならば、それは悪い汗なのです。悪い汗をいくらかいても、中々蒸発しないためにうまく体温調節出来ず、ミネラルだけが減っていきます。実は血液中の塩分濃度というのは決まっています。もし、大量に汗をかいて脱水症状を起こしたときに、塩分の補給が足りずに水分だけを吸収しようとしたらどうなると思いますか?血液中の塩分濃度がこれ以上低くならないようにと水分をどんどん尿や汗として体外に出してしまうんです。結果、脱水が進んでしまうという最悪なケースも。そうならないためにも、普段から発汗トレーニングを行い、いい汗をかけるようにしておく必要があるといえますね!

汗は運動とお風呂で違いがあるの?

半身浴などで汗をかくことも、発汗トレーニングとしては効果はあります。しかし、その効果は運動ほどとは言えません。しないよりはした方がいいですが、なるべくならば、やはり運動をして汗をかくことをおすすめします。

ということを、前提にして…

入浴にて発汗トレーニングを行う際は、半身浴がおすすめです。
夏場はシャワーが気持ちいいですが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる事で発汗機能が高められられますので、運動する時間がないという人は是非半身浴をしましょう。半身浴で汗をじっとり流した後にシャワーを浴びるのは問題ありません。

問題はこの後です。入浴後はエアコンで身体を冷やさないようにしましょう!折角開いた汗腺が閉じて休んでしまいます。これでは、わざわざ半身浴をした意味がなくなってしまいます。汗が中々引かない場合はうちわであおいだり、タオルでこまめに汗を拭う程度にしておきましょう。始めの内はちょっと不快に思うかもしれませんが、汗腺トレーニングだという事を忘れずに!

気持ちいい、良い汗をかけるようになれば、普段からの不快感も少なくなるはずです。なので少し我慢しましょうね!

まとめ

夏バテと運動と汗の関係性、いかがでしたでしょうか?普段何気なくかいている汗ですが、質の違いがあるとは思いませんよね。これを機会に自分の汗を見直し、いい汗をかけるようにトレーニングしてみましょう!結果、夏に強い健康な体を手にする事が出来ますよ!勿論、新陳代謝も上がるので、肌にもいいし食欲や睡眠不足も解消してくれるので、いいことずくしです♪食事療法も効果はありますが、やはり運動をする事が一番効果的と思われますね!

スポンサードリンク