赤ちゃんの熱中症対処!いざという時応急処置で冷やす方法と水分補給

もし赤ちゃんが熱中症になってしまったら、あなたは冷静に対処できますか?熱中症が疑われる場合の応急処置として冷やす方法や水分補給の仕方など、予備知識としてしっかり頭に入れておくことで、いざという時に役に立ちますよ!

知っていて損はない熱中症への対処法、大人にも応用できますので夏に備えて予習しておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが熱中症になったときの対処法

体内に熱がこもり、体温が急激に上昇してしまうことで発症してしまう熱中症。特に赤ちゃんの場合は汗をかいたり体温調節をする事がまだ上手に出来ないので、熱中症にもなりやすいといえます。

赤ちゃんは言葉で症状を伝えることが出来ないため、周りの大人が観察しておいてあげる事が大切です。

熱中症になりやすい環境や、熱中症が疑われる場合のチェックの仕方はこちらの記事でも紹介していますので、まずは参照下さい。

熱中症になってしまった時の応急処置 まずは冷やす

熱中症になってしまった際の応急処置として、まず最初に必ずすることは、「身体を冷やす」という事です。

1.涼しい場所に連れて行く

まずは早急に涼しい場所へ連れて行きます。出来ればエアコンが効いている室内が良いのですが、屋外などで近くにエアコンが効いている場所が無い場合は風通しの良い日陰に連れて行きます。車がある場合はエアコンを効かせて車内などに寝かせるのもおすすめです。

2.着衣を減らす

涼しいところに連れて行ったら、体にこもった熱が逃げやすくなるように、衣類を脱がせたりゆるめたりします。肌着1枚などにして風通しを良くするといいですよ。

道具があったら出来ること

●首筋やわきの下など太い血管が通っているところを冷やす
氷のう・保冷材・水枕・冷えたジュースなどをタオルやガーゼでで包み、首筋・わきの下・太ももの付け根に当てます。太い血管を冷やすことで体全体が冷えます。おでこには太い血管がないため冷やしても大きな効果はありませんが、気持ちいい場合は冷やすのもアリです。

冷却シートは清涼感はありますが、直接冷やす効果はないので、貼っても意味がないので注意して下さい。必ず冷たいもので冷やします。氷は直接付けてしまうと凍傷になる恐れがありますので、布で包んでくださいね。

●水で絞ったタオルで身体を拭く
水で濡らして絞ったタオルなどで体を拭いたりして、肌を濡らした後にうちわで扇ぎます。水分が蒸発する気化熱で体が冷やされるので効果があります。

重症のときは?

●水を浴びさせる・体を水に浸ける
直接シャワーなどで水をかけたり、水風呂などに入れる方法が、体を冷やすにはもっとも効果的です。こちらの受診目安のチェックで重症な症状に該当した場合は必ずやって下さい。

※初期症状だった場合は必ずしも水に浸けるのが良いとは限りませんので、症状経過をしっかり確認してから行います。


スポンサードリンク

赤ちゃんが熱中症になってしまった時の水分補給の方法

応急処置で涼しい場所に連れて行き、体を冷やしたなら、次にやることは水分補給です。

基本的には塩分が含まれているベビー用イオン飲料を与えるのがベストです。ただ、緊急時でイオン飲料が無い場合はとにかく水分補給させることを優先させます。湯冷まし・麦茶・母乳・ミルクなどですね。大人用のイオン水もやむをえない場合は飲ませても良いそうです。しかし、どれもあまり飲ませると体内の塩分などのバランスがくずれてしまいますので、100mlくらいを目安にしましょう。

※大人用イオン飲料は糖分が多く塩分が少ないため本来はNG。麦茶などは塩分が含まれていないので熱中症のときの飲み物としては適していないので、あくまで緊急時の一時しのぎです。出来れば、アクアライトなどがあるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?熱中症怖いですよね。熱中症は普段から気をつけることで予防できますが、それでも必ずしもならないとは言い切れません。万が一のときのためにも正しい知識を頭に入れておきたいですね(*^_^*)

スポンサードリンク