2016/02/28

卒園式での母親の服装は?インナーやコサージュなど小物でおしゃれに

3月は年度末の締めであり、卒園のシーズンでもあります。

「ついこの間、入園したばかりだと思っていた娘・息子も、もう卒園だなぁ」
と感じている親御さんも多いのではないでしょうか?

愛する我が子の卒園式、皆さん準備はもう済ませましたか?
卒園式の準備で1番手間取るのがご両親の服装、
特にママの服装ではないでしょうか?

子供が恥をかかない為にも、非常識な恰好などは避けたいところですよね。

世間一般のお母さん達の常識をまとめてみましたので、
自分の服装がマナー違反となっていないか確認してみましょう!

スポンサードリンク

卒園式での母親の服装は?

一般的には、スーツや、ワンピースにジャケットを羽織ったものを着てくるお母さんが多いです。パンツスタイルよりはスカートの方が多いですが、これはどちらでも構いません。

色は、黒・紺・グレーなど暗めのものを。ブラックフォーマルが良いです。

主役は子供です。卒園式はお別れの儀式でもあります。
それに見合った落ち着いたものを選ぶのがいいですね。

中には着物や明るい色のスーツを着てくる保護者もいる様です。
マナー違反というわけではない様ですが、周りが黒っぽい服装の中、
明るい色がポツン…
だと、浮いてしまうこと必至です。

それで恥ずかしい思いをしたという失敗談も耳にしますので避けた方が無難です。

また、園に寄って服装の傾向が違うこともあります。

確実なのは上の子がいるママさんや、保育士さんに聞いてみること!
どんな服装の方が多いか事前に確認出来れば確実です。

寒い地域ではコートが必要になるところも。
ストールなどは式中のひざ掛けなどにも使えて便利ですよ。

卒園式の服装はインナーを明るく!!

先ほど、服装は暗めの色をと言いましたが、インナーはまた変わってきます。

卒園式はお別れの儀式ではありますが、おめでたい事でもありますよね。

それなのに、黒いスーツに黒いインナーを合わせてしまうと、
お葬式のようになってしまうので出来ることなら避けたいです。
(同じ理由でストッキングも黒よりは肌色がよいです。)

折角の式なので、あまりに暗いイメージもどうかと思いますし、
おしゃれもしたいですよね!

そんな訳で、インナーでは明るい優しい色を推奨します。

ブラウスを着る場合は普通のブラウスだとカッチリし過ぎてしまうので、
襟元にフリルの付いたおしゃれ感があるものなどがおススメ!

スポンサードリンク

綺麗目なカットソーやキャミソールなんかも良いですね。

卒園式で服装はコサージュなどの小物でおしゃれに!

スーツで卒園式に行かれる方は、上の様にインナーを工夫することで華やかになりますが、ワンピースで行かれる方はそうもいかないですよね。

そこで、今度は小物の登場です。

もちろん、スーツの方も小物を使うことで更におしゃれ感アップです。

まずは、定番のコサージュ。

うちの娘が通うこども園では、びっくりするくらい殆どのお母様方が
付けていらっしゃいました。

やはり胸元が華やかになりますよね。
明るい色を使うことで、顔も明るく見せてくれます。

ポイントとしては、胸よりも少し高めの位置に付けること!
ジャケットで言うと襟のあたりです。
ポイントを上にあげることで、周りの目線も上に上がります。

他のママたちに差をつけたい方へ!

コサージュは割とどこにでも売っており、色々なデザインがありますが、
華やかさが増すのは、断然「生花」です!

結婚式などでも、髪やドレスを生花で装飾したりしますよね。それと同じです。

近くのお花屋さんに問い合わせてみてください。
きっと素敵なコサージュになりますよ♪

生花はちょっと…。という方にはこんな方法も!

実はコサージュ、簡単に作れてしまったりします。

材料は、

  • グルーガン
  • コサージュに付いているようなクリップ
  • 好みの造花
  • レースリボン
  • デコレーションチャーム
など

すべて100均で手に入ります。

グルーガンを使ってクリップにあなた好みの装飾をするだけです!
これだけで世界に一つだけの、あなた好みのコサージュの完成です!
どうですか?簡単でしょう?

是非、試してみて下さいね!

続いて、アクセサリー。こちらはパールが良いです。

パールは「涙から作られた」という云われもある様で、
喜びの涙・悲しみの涙の両方の意味があり冠婚葬祭に向いているとされます。

パールは少しお高いですが冠婚葬祭に使えるので、あって困るものではないです。

持っていない方はこれを機会に準備しても良いかもしれません。

まとめ

卒園式の服装は原則、スーツやブラックフォーマルで、暗めの落ち着いた色を。
逆にインナーは華やかさを出すために明るい優しい色を。
そして、小物で個性やおしゃれ感を。

やり過ぎには注意して下さいね!

素敵な卒園式を迎えられますように♪

スポンサードリンク