2017/02/03

十和田湖冬物語2017の日程や見どころは?出店は何がある?

irumine-shonn
十和田湖で毎年2月に開催される『十和田湖冬物語』はイルミネーションの他にも見どころいっぱいです。子供から大人まで楽しめる工夫がいっぱいされていますので、家族や恋人、友達と出かけてみませんか?

スポンサードリンク

十和田湖冬物語2017の見どころは?

十和田湖冬物語の見どころは、イルミネーションなどもそうなのですが、私が一番おすすめしたいのは何と言っても『冬花火』です。
冬の冷たい澄んだ空気に打ち上げられた花火は夏とはまた違い、すごく綺麗ですよ♪

ホント、空気が澄んでいるんです。なので花火の煌びやかな色がはっきりと見えて何ともいえないんですよ。打ち上げはたったの10分間なんですが、花火を見る為に仕事終わりに雪の中、峠道を車で飛ばしたこともあります。

そのくらいオススメしたいです~!

花火の打ち上げ時間は20時~10分間です。
冬物語のライトアップ等は21時までなので、皆さん冬物語を満喫して最後に花火を見て帰るといった感じですね。

子供と一緒に楽しめる所は?

子供が楽しめる場所やイベントもたくさんありますよ!

雪の滑り台

毎年大きな滑り台を作ってくれています。子供たちはそりで何度も滑っては楽しんでいますよ!そりは100円/1時間でレンタルする事も出来ますが、土日祝日は混むことと数に限りがある事から持参をおすすめします。

ホーストレッキング
お馬さんに乗せてもらうことが出来ます!土日祝日限定ですね。お馬さんの体調が悪いと中止になってしまう事もあるみたいです。

バナナボート
コチラも金土日祝日限定です!バナナボートをスノーモービルで引っ張って貰えます。

体験館
体験館ではワックスボールといってロウで出来ているキャンドルホルダーや、昨年ですとスノードーム(ガラスの中に水や人形が入っててひっくり返すと雪が降ってるように見えるやつ)を1個500円で作る事も出来ますよ!所要時間は30分くらい。
また、昨年は2月14日のバレンタインデーにはチョコレート作りも100円でやっていました♪

予約優先で定員があるみたいなので、確実にやるには予約した方が良さそうです。

あったかこどもコーナー
小さい子供連れだと授乳スペースやおむつを替える所があるかどうかは重要ですよね。
授乳室やキッズスペースを兼ねた無料休憩所があります。プレハブですが中は暖かく、子供が遊べるように家庭用ジャングルジムと滑り台やお絵かきセットなどがあります。おむつ替えのベビーベッドと授乳用のパイプ椅子が一つあるので、赤ちゃん連れでも心配なさそうです。でも、車で来ているなら、自家用車に戻って授乳やおむつ替えしたほうが気兼ねしなくていいかもという意見も(^^;

大人も楽しめる所は?

イルミネーション
大人から子供まで楽しめますね♪毎年デザインが違うので今年はどんなか楽しみです。イルミネーションは会場の他、乙女の像の方でも氷(雪)のランタンみたいな感じでロマンチックです。ですが、十和田湖湖畔は風も強くとても寒いです…。作ってくれた人には申し訳ないですが、そこまでして観に行きたいかって言われたらちょっと微妙(^^;ですが、観た事が無いなら一度見ておくといいと思います♪

かまくらBar
氷で出来たグラスでカクテルなどが飲めます。グラスが冷たいので専用の手袋も貸してくれますよ。大きなかまくらの中にBarがあるなんて、最初は驚きました!お酒だけでなくソフトドリンクもありますよ。

グリューワイン
現地で売っている専用のグラス500円を購入すると、ホットワインがおかわり自由の飲み放題です♪グリューワインとはワインにスパイスや果物を加えて温めたものです。2~3カ所に設置されていてそれぞれ味が違うので好みのワインを探してみて下さい!
数量限定で冬物語グラスを200円で購入出来ます!

酒かま蔵
かまくらの中にはこたつなどがあり青森や秋田の銘酒を味わう事が出来ます。

足湯
足湯に入れます。小さい子供は無料かな?タオルやサンダルなんかも用意してくれているので、準備が無くても入れるのが嬉しいですね!オリジナルタオル、昨年は200円でした。

かんじきふっとパス
スノーシューを履いてブナの林の中を散策します。2時間コース!
参加料が1000円かかります。

詳細(公式Facebookより)↓

開催期間 : 十和田湖冬物語2017期間中の土日
出発時間 : 1回目 10:00出発 / 2回目 14:00出発
参加料金 : お一人様 1,000円(税込・保険料込)
所要時間 : 2時間~2時間半程度
参加予約 : 毎週金曜日 17:00までにご連絡ください
 
※1 スノーシュー、ストック、スパッツを無料レンタルいたします。
※2 防寒着、手袋、帽子、長靴等をご用意ください。
※3 最少催行人数は2名様です。
※4 誠に申し訳ございませんが、スノーシューやストックは大人用のみとなりますので、中学生以上のお客様が対象となります。
※5 吹雪や雨天など、天候によっては催行を中止する場合がございます。
※6 コースにはやや急な坂がございます。不安な際は下記までお問い合わせください。

十和田湖冬物語の日程

2017年の十和田湖冬物語の日程や開催場所、時間などは次の通りです。

期間

2017年2月3日~2017年2月26日

会場

休屋北駐車場 特設会場

駐車場

無料

※十和田湖冬物語は北駐車場の半分を特設会場とし、残りの半分を無料駐車場として開放します。夏季は有料駐車場として乗用車で500円くらいかかるので、冬はちょっとお得な気分になります(笑)

お問い合わせ

十和田湖冬物語実行委員会
0176-75-2425

イベント内容

  • 冬花火
  • 毎日 20:00~20:10

  • 光のゲート&光のトンネル
  • イルミネーションライトアップ
  • グリューワイン(500円おかわり自由)
  • ワックスボール(500円/1個)
  • 毎日 17:00~21:00

  • バナナボート
  • 金土日祝 11:00~19:00

  • ホーストレッキング
  • 土日祝 10:00~15:00

  • ゆきあかり横丁
  • 平日 15:00~21:00
    土日祝 11:00~21:00

  • かまくらBar
  • 足湯
  • 毎日 18:00~21:00

この他にも津軽三味線のライブが平日19:00と20:20の2回、土日は20:20の1回のみ。
ステージイベントが土日祝日の19:30~20:00。

2/4(土)の昼ステージによさこい、夜ステージはなまはげ太鼓
2/11(土)の夜にはリンゴ娘LIVE
2/18(土)の夜には桜田マコトLIVE
2/25(土)の昼と夜のステージによさこい
2/11(土)・12(日)・18(土)・19(日)エネルギーブースの出展


スポンサードリンク

十和田湖冬物語の出店は何がある?

こういう所に来たら食べ物も一つの楽しみですよね。ゆきあかり横丁といってプレハブで出来た出店が連なり、青森や秋田のご当地グルメなどを味わう事が出来ます。昔は大きなドームみたいなのの中に屋台が連なっていたんですがここ数年はこのプレハブ方式です。これ、正解だと思います。大きいと室内が暖まらなくて寒いんですよね。プレハブだと中に入ると十分暖かいのでちゃんと味わって食事が出来ます♪

では!私のうろ覚えで申し訳ないのですが、こんなメニューがあったよって事で紹介したいと思います。

  • せんべい汁
  • 十和田バラ焼き
  • みそカレー牛乳ラーメン
  • きりたんぽ鍋
  • だまっこ鍋
  • ヒメマス塩焼き
  • チョコバナナ
  • クレープ
  • たこ焼き
  • タピオカドリンク
  • ホルモン鍋
  • 焼き鳥
  • ラーメン一通り…
  • もつ煮込み
  • 横手焼きそば
  •  
    とまぁ、思い出せるだけではこんな感じです。
    休日は早くいかないと売り切れてしまう事も有るので注意して下さいね!それで食べたいものを食べられなかった人がここに一名いますので(笑)

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?十和田冬物語の魅力はもっとたくさんあるのですが、今日はこのくらいで、出来れば直接言ってみていただけるとその楽しさが分かっていただけると思います!
    あ、十和田湖は寒いので服装には要注意ですよ。次回は服装について紹介しますね。

    この記事を読んだ方は、こちらの記事にも興味を持っています♪
    スポンサードリンク