熱中症の原因と症状 予防策とおすすめ対策グッズを紹介!

夏も近づき気温が上がってくると、心配になってくるのが熱中症ですよね´д` ;

今でこそ熱中症と呼びますが、昔は日射病とか熱射病と呼んでいました。日射病や熱射病は特定の症状の事を指しますが、これらをひとまとめに総称したものが今の熱中症という名前になります。

日射病と熱射病をリンゴとバナナに例えるなら熱中症は果物と言うような感じです。(ちょっと違う?)

近頃は温暖化の影響か気温も年々高くなっていっているような気がします。

もう他人事ではなくなってきた熱中症に付いて、原因や症状をしっかりと理解して予防と対策に努めましょう!

スポンサードリンク

熱中症の原因と症状

熱中症の原因

人間の身体は体温調節機能を持っていますが、高温な環境に長時間いると、この機能が上手く働かなくなってしまうことがあります。そうなると体内に熱がこもったり、急激な発汗で水分や塩分が足りなくなって熱中症の症状が現れてきます。

熱中症を引き起こす主な要因

環境によるもの
  • 高気温
  • 高湿度
  • 日差しが強い
  • 通気性が悪い
  • 風が少ない
  • 身体的なもの
  • 体調不良
  • 寝不足
  • 病気などによる脱水症状
  • 肥満
  • 運動不足
  • 年齢によるもの
  • 行動によるもの
  • 激しい運動
  • 長時間の炎天下での労働
  • 水分補給がしにくい状況
  • 熱中症の4つの症状

    熱失神
    水分が足りなくなる事で血流が悪くなると、脳に送られる血液の量が減る事でおきる症状です。

    顔面蒼白 めまい 唇のしびれ 瀕脈 呼吸数増加 など

    熱痙攣
    汗は水分と塩分が蒸発するので、水分ばかり摂っていても塩分が足りなくなってしまいます。塩分が足りないと血液中の塩分が足りなくなって電解質のバランスが崩れるためにこの賞状が現れます。

    体の痛み 痙攣 こむら返り など

    熱疲労
    水分と塩分が足りない状態、つまり脱水症状です。暑さから血管が広がるのに血流は少なくなる為、低血圧になります。体温調節はまだ出来るため、汗はかく事が出来ます。

    皮膚蒼白 高体温 頭痛 吐き気 めまい など

    熱射病
    熱疲労を放置して熱をため込んでしまい、悪化した状態です。体温調節も出来なくなるので熱をどんどんため込む。

    皮膚が赤く火照る 熱があるのに汗が出ない 嘔吐 意識障害 など

    熱中症の予防策は?

    水分・塩分補給
    こまめに水分と塩分を取ることが大切です。出来ればスポーツ飲料などの電解質や麦茶や水を飲みながら塩分のある物を食べる事が望ましいですね。

    コーヒー、紅茶などカフェインが入ってる物は利尿作用がある為、水分補給にはなりません。ビールなんかもしかりです。

    水分と塩分を摂っていても油断は禁物!体の温度を上げないことも重要です。

    身につけるもの
    頭は熱を発散しにくい事から、帽子などを被って直射日光を浴びないようにしましょう。また、髪の毛の間にも熱がたまりやすい為、たまにほぐしてあげると良いですよ。

    着るものにも工夫をしましょう。通気性や吸水性の良いものを選びます。また、インナーは着ない方が涼しいと思われがちですが、実は着た方が清涼感はアップします。インナーとアウターの間に出来る空気の層が熱を遮断して通気性も良くしてくれるんですよ♪

    体温を上げすぎない
    こまめに日陰で休憩する様にしましょう。

    脇の下や首など太い血管が通っているところを冷やすと効率的に体温を下げることが出来ます。良く冷やす場所としておでこがありますが、おでこは太い血管が通っていない為、熱を下げることは出来ません。ただ、気分がスッキリするという点では冷やすのも良いと思います。

    熱さまシートなどの冷却シートは実はあまり効果が無いようです。冷感と言うだけあって冷たく感じるだけなので、気持ちいいだけで直接冷やす効果はないという事でした。

    だだ、上記同様に気分的なもので気持ちいいから貼るというのは良いと思いますよ♪

    体質改善
    日頃から熱中症になりにくい体質を作ることも大切です。
    栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活。睡眠をしっかり取り、適度に運動をしましょう。

    と言っても、これが中々難しいんですよねぇ(^^;


    スポンサードリンク

    おすすめの熱中症対策グッズ

    熱対策でのおすすめ
  • 遮光日傘
  • 帽子は蒸れるし髪がペタンコなるし…って人はコレ!日焼けも防止できるし一石二鳥です。運動などをする場合や手が塞がっちゃう場合は、やっぱり帽子が必要ですね。

  • 瞬間冷却剤
  • アイスノンみたいな物で、拳でバンッて衝撃を与えると一瞬で冷たくなる物。娘とお出かけする時にベビーカーでの保冷用に持っていきましたが、結構長持ちして重宝しました!直で当てると冷たすぎるのでタオルやハンカチがあった方がいいかも。

  • 冷却スプレー
  • コールドスプレーですね。その場しのぎ感は有りますが、有ると無いでは違います。

  • ポータブルボディクーラー
  • スイッチを入れると一気に2℃まで温度が下がり、冷やしたいところに当てるだけ。毛穴の引き締めなどにも使える優れものです♪

  • ひんやりタオル
  • 水で濡らして振るだけでヒンヤリ。何度も使えて経済的です。

    塩対策
  • 塩飴
  • 梅干し
  • これらは定番商品ですね。塩飴は色々な種類が出ていますし、梅干はパックに入っている干し梅なんかが種もなく食べやすいのでいいと思います(^^♪

    水分対策
    ミネラルウォーター

    スポーツ飲料でもいいのですが糖分が多いため、水と一緒に塩分を摂る方が理想的です。麦茶などもいいですね。

    注意!

    脱水症対策として知られている経口補水液ですが、こちらは脱水症状が出てから飲むなら効果的なのですが、塩分が多めなので普段から飲んでいると返って塩分と水分のバランスが崩れてしまって脱水症状を誘発してしまう恐れがあります。

    時間をあけて少量ずつゆっくりと飲むなら大丈夫でしょうが、普段の水分補給にと多量に飲むことは避けましょう。

    まとめ

    熱中症は重症化すると命に関わる危険もあります。日頃から気をつける事も大切ですが、特に暑い日の外出、レジャーなどの時は念入りに予防対策しましょう!もし熱中症になってしまった場合は、こちらに応急処置マニュアルもありますので参考にして下さいね!予め頭に入れておけば、いざという時、落ち着いて対処できますよ!

    スポンサードリンク

    PAGE TOP