ラッシュガードのおすすめ レディースサイズの選び方や人気デザイン

暑い夏、海水浴やプールで日焼け防止・体型カバーにおすすめなのが、昨今着用する人が増えてきている『ラッシュガード(ラッシュパーカー)』です。私も若かりし頃はビキニだけでも余裕でしたが、子供二人を産んだ今、お腹、二の腕、太ももは余り出す勇気がありません(^_^;)

ラッシュガードはそんな私にピッタリのアイテムなのですが、購入しようにも色んな種類や形があり過ぎてどれを購入するか迷いますよね。

ラッシュガードのおすすめな選び方をシーン別にご紹介します♪

スポンサードリンク
  

ラッシュガードのおすすめなレディースの選び方

ラッシュガードはマリンスポーツに使うのか、日焼け対策などをメインで使うのかによって選び方が変わってきます。今回はママさん達が海やプールなどで、日焼け予防や体のラインを隠すのを目的とした仕様の仕方をメインに考えて説明していきますね!

ラッシュガードの種類

ラッシュガードには様々な色や種類があります。

Tシャツタイプ(半袖・長袖)
マリンスポーツなど本格的に泳ぐ場合はこちらを着用します。水に入っても邪魔にならないように体にフィットしたサイズを選ぶのが基本です。長袖の場合は、ちょっと着づらいかも。でも、長袖だと日焼けや怪我の防止になります。
ジャケットタイプ
前面にファスナーがあって着脱しやすいタイプ。子供や赤ちゃんにはこちらがおすすめ。
パーカータイプ
ゆったりと着られるパーカータイプは日焼け対策やボディライン隠しがメインの使い道。ちょっとゆったり目を選ぶのがポイント。フードを被ると首の後ろの日焼けも防止できます。
ゆったりしていて体との間に隙間が出来る為、水の中で使用するのはあまりお勧めしません。
ボトムス(トレンカ)
足の日焼け対策や傷防止に着用します。ウエットスーツの下に着用して防寒具としたり、上にショートパンツを合わせたりして着用します。
ハーフパンツ
普通の水着としても使用できます。

ラッシュガードの選び方

水に入らない場合
水に入らず、日焼けやボディラインを隠す目的で使用するなら、断然パーカータイプがおすすめです。デザインが可愛いものが多いですし裾が長いものもあるので、ボディラインを隠すには持って来いです!日焼け防止を目的としての着用なら、UV加工がされているものを選ぶようにしましょう!また白よりは黒の方が日焼けをしにくいです。
水に入って泳ぐ場合
ジャケットタイプ(ジップアップラッシュ)がおすすめです。ジッパーが付いているタイプは着脱が楽な事と、かぶるタイプのものだと着脱の際に髪がボサボサになったりピアスが引っかかったりといった問題もある為です。

水に入る場合、ジャケットタイプがおすすめと書きましたが、理想はパーカーとジャケットの両方を準備する事です。何故かというと、水から陸に上がった際に濡れたラッシュガードを着たままにしていると、水分が蒸発する気化熱で体温を奪われ寒くなり、風邪を引くこともあるからです。
その為、水中ではジップアップタイプの物を着用し、陸に上がったらパーカータイプに着替えるというのがおすすめの着方です。

脱いだラッシュは日当りのいいところで乾かしておきましょう!濡れたラッシュを再び切るのはかなり冷たくなっており、結構辛いものがありますので(^-^;

ラッシュガードのレディースサイズの選び方

ラッシュガードは基本身体にフィットしたものを選びますが、レディースの場合は少し注意が必要です。というのは、女性は男性と違い、ラッシュガード1枚では着ませんよね。必ず下に何か身に着けると思いますが、何を着るかによって、ラッシュのサイズも変わってくるからです。→ラッシュ下に着るもののおすすめ

その為、ラッシュを購入する際は、いつも使うものを着た状態で採寸・試着するようにしましょう。

陸上で着るラッシュパーカーは緩めがいいので、いつものサイズか大き目を購入すればOKです♪


スポンサードリンク

ラッシュガードで人気のあるレディースデザインは?

ラッシュガーのレディースの売れ筋 は断然パーカータイプです。やはり泳ぐことよりも日除けや体系カバーを意識している方が多く、UVカット加工のされているものや、丈が眺めでお尻までカバーできるものがランキング上位に来ています。また、トレンカも人気が高いですね。

まとめ

いかがでしたか?気に入った一品が見つかると良いですね♪

スポンサードリンク

ラッシュガード関連の記事
★ラッシュガードのおすすめ レディースサイズの選び方や人気デザイン
★ラッシュガードの下には何着る?透けるのを防ぐ色や人気色は?
★海で日焼けしたくない人の日焼け止め選び方のポイントと塗り方のコツ
★保育園のプールでラッシュガードはあり?子供用の必要性と選び方


PAGE TOP