インフルエンザ予防接種は授乳中も可能?チメロサールフリーのメーカーは?

インフルエンザの予防接種を授乳中に行う事で乳児に何か影響があるのか気になる人は多いと思います。
巷では水銀(チメロサール)というものが取り沙汰されていますがどういうものなのでしょうか?水銀が与える影響と、水銀が入っていないワクチンに付いて紹介します!

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は授乳中でも出来る?

授乳中のインフルエンザの予防接種で心配なのが、接種したインフルエンザワクチンが母乳を通して赤ちゃんに影響を与えないかどうかですよね。母乳は血液から作られているので、予防接種をする事で母乳を通して赤ちゃんにインフルエンザ菌が入ってしまうのではないかと心配する人は多いです。

コチラの記事でも紹介していますが、インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンです。

細菌やウイルスなどの病原体を殺してから、必要な成分だけをワクチンとして作っているので細菌やウイルスはお母さんの体内に入る事はありません。

その為、インフルエンザのワクチンに含まれる細菌が授乳を通して赤ちゃんに感染するという事はありませんので、その点は心配ご無用です♪

そもそも、お母さんがインフルエンザになったとしても母乳を介して赤ちゃんがインフルエンザになる事はないので、菌が弱ってる予防接種で影響が出るという事は考えられませんね!

また、逆にワクチンはママにだけ有効なので、抵抗力が母乳を介して赤ちゃんに付くこともありませんのでご注意を!

赤ちゃんのインフルエンザ予防はしっかりと行ってくださいね。

インフルエンザ予防接種で授乳中に気を付けたいチメロサールとは

チメロサールとはエチル水銀チオサリチル酸ナトリウムといって強い殺菌成分がある為、予防接種液の防腐剤としてよく使用されます。

勿論、インフルエンザのワクチンにもこのチメロサールが含まれています。チメロサールはエチル水銀を含んでいますが、現在の所は実質的な健康被害の報告はありません。ただ、世界でも安全性については議論されている所で、可能な限りチメロサールを減量するようにしています。代わりにフェノキシエタノールを代替えとして使っているものもあるようです。フェノキシエタノールは化粧品などに使われる防腐剤ですね。

最近ではチメロサール無添加のものもあります。こちらは、数が少なく防腐剤が無添加な為に保存や取り扱いにかなり気を付ける必要があり、接種を希望する場合は早めの相談、予約をした方がいいでしょう。


スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種 チメロサールフリーのメーカーはどこ?

インフルエンザワクチンで防腐剤が含まれていないメーカーは次の通りです。

【アステラス】 インフルエンザHAワクチン“化血研”TF
【田辺三菱】  フルービックHA
【北里薬品】  インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」シリンジ
【第一三共】  インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」シリンジ

シリンジと書いていないのはバイアルタイプですね。バイアルとシリンジの違いは。バイアルは小瓶にワクチンが数人分入っていて注射器で必要な分を吸い出して使用するタイプ、シリンジは最初から注射器にワクチンが1人前入っているタイプです。

何となく、シリンジタイプの方が清潔そうでいいですね(^-^;

さっきも書いたように、生産量が少ないみたいですので、防腐剤フリーを希望する場合は早めにお医者様に相談して下さいね!

まとめ

いかがでしたか?基本的には母乳には影響しないとされていますが、不安要素は出来るだけ取り除きたいですよね。私だったら、チメロサールフリーで予防接種して貰います。やはり、母親が倒れるのが子供にとっても家族にとっても大変だと思うので!

予防接種のリスクとインフルエンザ罹患のリスクを天秤にかけた時にどちらをとるか、しっかり考えてみて下さいね。

 

スポンサードリンク

PAGE TOP