赤ちゃんの熱中症サインとは?なりやすい環境と病院受診の目安

夏も近づいて暑い日が多くなってきましたね。天気がよくお出かけする機会も多くなってくると心配になってくるのが赤ちゃんの暑さ対策です。赤ちゃんの体温調節は中々難しく、大人は平気だと思っていても赤ちゃんにとってはそうではなかった・・・。なんて事も有り得ることです。

赤ちゃんは身体が小さく体温や汗の量を調節する昨日が未発達なので、あかちゃんのサインをしっかり読み取ってパパママが気をつけてあげましょう!

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症のサインとは?

熱中症とは?

熱中症とは内々に熱がこもり体温が急激に上昇することで引き起こされる症状の事です。頭痛・脱水・意識障害・ショック状態などになり、最悪の場合命を落とすこともあります。

赤ちゃんの場合は症状を自分で訴えることが出来ませんので、機嫌が悪く泣き止まないなどの症状があったら何かの異常を疑いましょう!

熱中症が疑われる場合にチェックすること

熱中症の初期症状のサイン
*当てはまる場合は応急処置を!

顔が赤い
機嫌が悪い
汗を大量にかいている
オシッコの色が濃い

 
熱中症が重症であることが疑われるサイン
*ひとつでも当てはまったら救急車を呼びましょう

顔色が悪くぐったりしている
汗をかかない
肌が乾燥している
嘔吐する
ぐったりして水分が取れない
熱が40℃以上になる
体が熱く、冷やしても37.5℃未満に下がらない
オシッコが6時間以上出ていない
脈が速い
意識が無い
痙攣を起こしている

 
 

熱中症になりやすい環境とは?

屋内で熱中症になりやすい時は?

マンションなどは熱がこもりやすく熱中症にもなりやすいですので、暑い日はエアコンを使って温度や湿度を調節しましょう!

風通しが悪く、湿度の高い部屋で過ごしている時
通気性の悪い衣類を着用している時
暑いお風呂に浸かった 時
熱帯夜にエアコンが無い所で寝ている時
大汗をかくほど遊んだ時
長時間泣いた時

屋外で熱中症になりやすい時は?

暑い日は外に長時間居るのは避けましょう。高温多湿な環境で直射日光を浴びると熱中症になる確率が高くなってしまいます。

暑い時間帯にベビーカーで外出した時
暑い日・湿度が高い日にレインガードを付けたベビーカーに乗せている時
抱っこ紐で長時間外出した時
温度差の激しい場所に出入りした時
厚着をさせすぎた時
汗をかくほど遊んだ時
長時間泣いた時

車内で熱中症になりやすい時

車内に赤ちゃんを一人にするのは、例え短い時間にエアコンが効いている状態だったとしても絶対にやめましょう。

直射日光が当たる場所に座らせた時
長時間泣いた時
スポンサードリンク

熱中症かもしれない時の病院受診の目安

熱中症かな?と思ったらまずは熱中症のサインが無いかをチェックしましょう。

初期症状のサインがあったとき

  1. 涼しい場所に連れて行く
  2. 衣類を減らして身体を冷やす
  3. 水分・塩分を補給する
  4. 回復したか確認
  5.  回復した→2~3時間安静にする
     回復しない→病院受診(夜間・休日でも受診する)

重症の症状があったとき

  1. 救急車を呼ぶ
  2. 衣類を減らして身体を冷やす
  3. 水をかけて身体を冷やす
  4. 水分が取れそうなら、水分・塩分を補給する

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんは症状を言葉で伝えられないので、温度調節や体温の確認はこまめにしてあげましょう。熱中症のサインを見逃さないようにパパママが気をつけて観察してあげて下さいね!

スポンサードリンク