インフルエンザの仕事復帰はいつから?再検査や診断書は必要?

インフルエンザに罹ってしまった時、仕事復帰のタイミングは迷いますよね。症状が落ち着いたら勝手に復帰してもいいのか、
それとも再検査や医師の診断書が必要になるのか、ちょっと迷う所です。

インフルエンザに罹患した際の仕事復帰に付いてまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザの仕事復帰はいつからOK?

結論から申し上げますと、社会人にはインフルエンザに罹ったことによる法的な措置はありません。つまり、インフルエンザに罹った事で仕事を休むかどうかは本人次第という事になります。
とはいえ、インフルエンザになっても決まりがないからと出社しては、周りの人たちに迷惑がかかってしまいますよね。

個人的な意見ではありますが、インフルエンザで休まれるよりも、インフルエンザで出勤される方が迷惑だなぁと私は思います。

罹ってしまうのはしょうがないので、大人しく休んで貰いたいです。出来れば家族にインフルエンザになった人が居る人も…とも思いますが、この事についてはまた今度の機会に(;^_^A

少々脱線してしまいましたが、では、インフルエンザに罹ったら一般的にはどれくらい休めばよいのでしょうか?

社会人には休業の決まりはありませんが、学校には学校保健安全法というものがあり、そちらにはインフルエンザに罹患した際の登園基準が定められています。

それによりますと、インフルエンザの出席停止期間の基準は

「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」

となっています。こちらを参考にするならば大体1週間の休業をしておくと間違い無さそうですね。勿論、症状次第ではこれより長くなる事も考えられます。最近では、インフルエンザの薬を早い段階で服用する事で、インフルエンザの強い感染力がまだ残っている状態で解熱してしまう事が増えて来ているんだそうです。なので、熱が下がったからといって早々に出社してしまうとインフルエンザウイルスを社内にばらまいてしまう事になりかねませんので注意して下さいね!

インフルエンザから仕事復帰するには再検査が必要?

基本的には復帰の為の再検査は必要ありません。日付も経過して体調も良く、自己診断でもう出社しても大丈夫と判断したら出社していいでしょう。ただし、インフルエンザの出席停止期間が上記の通りですが、もし、症状が軽く済んで早くに復帰したい場合!

この場合は医師の診断を受けてお墨付きをもらっておいた方が安心です。学校の場合でも、医師が投稿可能と診断した場合にはこの限りではないと記載されていますし、周りの人から「もう大丈夫なの?」と疑いの目で見られても肩身の狭い思いをしない為に(笑)一度医師にお伺いを立ててみましょう。勿論、診察してもらうかどうかは本人次第です。


スポンサードリンク

インフルエンザからの仕事復帰には診断書が必要?

これは職場に寄って違いますので、会社の総務や上司に直接確認しておきましょう。

復帰には診断書はいらないけれど、会社を休む為には必要な場合もありますので、最初に病院に行った際に確認しておくといいですね。

会社によっては、インフルエンザになったらこのくらい休みなさいという規定がある所もあります。食品関係や医療品関係は特に厳しいみたいです。私の医療品製造関係の職に就いていますが、家族が感染しても休まなければいけない決まりになっているようです。

会社に規定がなくても、衛生面に気を使うような感染を広げそうな職種の方々は特に注意して下さいね!

と、話が横にそれましたが、休む際に診断書が必要な職場は結構ありますが、復帰にも診断書が必要な場合はそんなにないです。しかし、職場に寄って規定が違いますので、罹患した時点で職場に問い合わせておきましょうという事でした!

まとめ

いかがでしたか?インフルエンザは感染力が強いので、罹患したらしっかり休んで完璧に治してから出社した方が、周りの方の為にもいいですよ!

(中には理解のない人・上司・会社もありますので、状況に応じてうまく対応して下さいね…。)

スポンサードリンク

PAGE TOP