結婚式での服装 親族女性で既婚の場合は何を着る?和装と洋装!

結婚式親族の結婚式、参加したことありますか?
友人の挙式は出たことがあるけれど、親族の結婚式って知人・友人の式ほど出席する機会は少ないと思います。
親族の結婚式は友人の式と参加するのとはまた違う事が沢山あります。ここでは、親族の結婚式に出席する際の服装のマナーを既婚の女性に絞ってご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

結婚式での服装 親族の女性で既婚の場合

親族の結婚式は友達の結婚式と同じ感覚で参加してはいけません。なぜだと思いますか?それは、親族の結婚式と友人の結婚式では、自分の立場が真逆にあるからです。
友人の結婚式は招待される側であり、おめでとうと祝う側になります。逆に、親族の結婚式は、勿論本人たちをお祝いするのですが、立場としては自分の身内を祝ってもらう側、客をもてなす側であるという事が理由です。

よく新郎新婦の両親・兄弟が「本日はありがとうございます」とお酌をして回っているのもそういった理由からです。

お客様ではなく、主催側という事を念頭に置いておきましょう。

では、親族の結婚式にふさわしい服装というのはどういうものでしょう?

親族の服装は結婚式という儀式にふさわしい格と、祝いの場にふさわしい華やかさが必要になってきます。

例えば、上品なドレスを着ている親族とキャバ嬢のような恰好をしている親族がいたら印象はだいぶ違います。華やかさはあるかもしれません(?)が、格が全く感じられませんよね。主役の新郎新婦に恥をかかせる結果になるかもしれません。

そうならないために、次項目では服装の種類と注意点をしっかり確認しましょう。

結婚式での服装 親族の女性の洋装

アフタヌーンドレス(お昼の挙式で着ます)

ドレッシーなワンピースやドレス。丈はロングで袖があるものを選びます。お昼の挙式はなるべく肌を出さないものを選びます。

イブニングドレス(夜の挙式で着ます)

背中が開いた袖のないのワンピースなどです。夜は肌を出してもOK!

カクテルドレス

セミフォーマルなドレスです。小物遣いで幅広い時間帯に使えます。

スーツ

普段っぽさのない品の良いものを選びましょう。

スポンサードリンク

<注意点>
・無地やそれに近いもので光をを抑えた素材のものを選びます。
・襟元があまり開いていないものが良いです。
・スカート丈は長いほど核が高いとされています。
・シックな色を選び、上着やストールなどで露出を控えましょう。
・黒づくめは避けて、小物で華やかな色をプラス。
・白は花嫁の色なのでNGです。
・パンプスのヒールは3センチ以上で太過ぎないものを選びます。
・ブーツ・サンダル・ミュール・オープントゥはNGです。つま先・かかとは隠すこと!
・ストッキングは必ず履くようにしましょう。出来れば肌色で、うっすらラメが入ったものなどはOK!
・黒は喪服を連想するため避けるのがベターです。
・ファー素材や動物の皮の服やバッグは殺生をイメージする為NG
・和服でも書きましたが、髪はまとめましょう。おろしたままはマナー違反です。コサージュもNGですね。

結婚式での服装 親族の女性の和装

黒留袖(五つ紋付黒留袖)

既婚の親族女性が身に着ける第一礼装です。色が黒なので、柄は華やかなものを選ぶと良いです。

色留袖

色留袖(五つ紋付)

黒留めそでよりも華やかさが欲しい場合は色留袖を。ただし地域により決まりがある場合があるので、事前にご両親や親戚に確認して下さいね。
(写真は色留袖)

訪問着

訪問着は略礼装なので従妹クラスまでになります。兄弟の式の場合は気を付けましょう。

<注意点>
・アクセサリーは指輪のみOKです。
・着物の色は新婦のドレスの色と被らないようにしましょう!
・髪はまとめます。普段のままのおろし髪はいけません。
・髪飾りはかんざしがおススメです。また、親族で髪にコサージュはマナー違反になりますので、絶対にやめましょう。

まとめ

いかがでしたか?意外と制約がありますよね。私も調べなかったら、コサージュくらいいいじゃん!と思ってしまっていました。
恥ずかしい思いをするのは自分だけではないので、事前にしっかり確認して式に臨んで下さいね!

スポンサードリンク

PAGE TOP