お中元とは何?いつ誰に渡せばいいの?

毎年6月を過ぎると、スーパーやデパートなどで『お中元』という文字を耳にしますよね。

このお中元、どんなものだかちゃんと知っていますか?

お恥ずかしながら、私は結婚して自ら親戚付き合いが必要になる迄、こういった事にはさっぱり教養がありませんでした。

夏になると親戚からゼリーとか贈られてくるなぁ

とは思っていましたが。

結婚して嫁になると、良い親戚付き合いをする為に、知らないでは済まされなかったりもしますので、ここでしっかりと知識を得て行ってくださいね(;´Д`)/

スポンサードリンク

お中元とは何ぞ?

お中元とは、日頃、お世話になっている人に感謝の気持ちで物を贈る行為、または、その贈り物の事です。

日頃の『いつもありがとうございます』といった感謝や気遣う気持ちを物に込めて贈り、『いかがお過ごしですか?』という、季節の挨拶の一貫となります。

由来は中国の行事にありますが、まぁ、そんな事まで理解して御中元を贈る人はほぼいないと思うので割愛しますね!

お中元はいつ贈るの?

お中元は夏のイメージですよね。では、具体的には何月何日でしょう?

お中元は、実は地域に寄って送る時期が違います。

お中元を贈る時期は、関東では7月上旬~15日迄、関西では7月上旬~8月15日迄となっています。

もし、送る時期に迷ったら7月15日迄に贈っておけば間違いないでしょう。

スポンサードリンク

お中元は誰に贈るの?

まず、お中元は日頃の感謝の気持ちとご挨拶である事は上でお話しました。

つまり、お中元とは必ずしも贈らなければいけないという物ではありません。

世の中には色々な方々がいる訳で、こういった季節の挨拶・行事・贈り物に厳しい方もいれば、そこまで気を使わなくてもいいと思ってくれる人もいる。更には、お返しをしなければならないから面倒・迷惑と思う方も一定数居ますので、まずは相手をよく知ってくださいね!

お中元を贈る相手
・両親、義両親
・親戚、兄弟姉妹
・日頃お世話になっている友人知人
・上司
・仲人

両親、義両親には同居の場合は渡さないことも多いです。

親戚は付き合いの深さにも寄ると思います。兄弟同士とかは貰っても困る~って人も多いみたいですね。特にお嫁さん同士とか。あまり深い付き合いをしていないのに『いつもお世話になっています』と感謝やお礼をされても、ねぇ?

上司に贈るのも最近は減ってきている傾向にあります。中には禁止している会社もあるとか?

上司に贈りたい場合は、事前に総務などに確認すると安心ですね!

まとめ

お中元の何たるや、ご理解頂けましたか?あくまでも、物を贈る事で日頃の感謝の気持ちを伝えるものです。

義務ではありませんし、人とお付き合いをしていく上で、どのように立ち振る舞うかという事になってきます。

いっその事、強制か禁止か、贈る相手も決めて貰えると楽なんですけれどね(笑)

相手を知り、良いお付き合いをなさって下さいね!

スポンサードリンク