結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【服装編】

では前回に引き続き結婚式のマナーについて紹介しますね。

今回は服装編です!メインとなる内容だとと言ってもいいですね。さて、早速みていきましょう!

その他のものに付いてはこちらをどうぞ!
【髪型・髪飾り編】
結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【髪型・髪飾り編】

【服装編】
結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【服装編】

【靴・バッグ編】
結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【靴・バッグ編】

【アクセサリー・メイク編】
結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【アクセサリー・メイク編】

.
.
.

スポンサードリンク
  

結婚式でのマナー 服装編

結婚式にお呼ばれした時に着ていく服装の種類・素材・色などのマナーを紹介します。どんなものがふさわしいか、NGは何かを確認しましょう!

結婚式の服装の種類
結婚式の服装にはフォーマル・セミフォーマル・インフォーマルの三種類があります。フォーマルは正礼装で主役とその両親・仲人さんの恰好です。
通常、お呼ばれにはセミフォーマルを着ます。インフォーマルはレストランなどのカジュアルな場合ですね。平服で来て下さいと言われたら、インフォーマルで行きます。

今回は通常のお呼ばれとの事で、セミフォーマルについてみていきます。

まず、昼と夜では装いが違います。

昼の挙式の場合

何を着ていく?
セミアフターヌーンドレスという名称になるようですが、具体的にはワンピースやツーピース、スーツなどの事です。

具体的にはワンピース(パーティードレス)やスーツスタイルです。スーツは基本ワンピースですが、最近ではパンツスタイルもOKですよ!リクルートスーツはNGです!スーツを着る場合は光沢のある生地や華やかな色など結婚式にふさわしい素材を選んでくださいね。

ドレスの色は何色?
まず、花嫁のドレスの色と被る「白」がNGなのは皆さん周知の事実ですよね。この他にも白に近い淡い色のものは嫌がられる場合もあるので注意です。

昼の結婚式にはダークカラーよりもライトカラーがおすすめです。でも、必ずしもダークカラーがいけないという訳ではなく、例えば、ダークカラーのワンピースを着たら、ボレロやストール・小物の色を明るくするなど工夫次第で明るく見せることが出来ます。

全身真っ黒だけは注意して下さい。お葬式を連想してしまうので、お祝いの席にはふさわしくないとされています。

また、柄物に関してですが、一般的には刺繍やレースなど織物柄はOKでプリント柄はNGとされています。ですが、例えば、ドレスと同系色の落ち着いた柄であればセーフなんではとの意見が多いです。派手なプリントの柄物だとカジュアルに見えるからという理由が大きいのではないでしょうか?…という訳で、柄物は絶対にNGではないけれど、派手な物を避け、落ち着いた色合いのものを選びましょう!

難しいのがバイカラーなのですが、「別れる」を連想させるから駄目!という意見がありますが、本来は「バイカラーだとカジュアルに見えるから結婚式には合わない」という理由だったそうです。最近ではフォーマルな物も多く、バイカラーOKとされる意見も多く聞きますが、バイカラーがマナー違反だと思っている人も一定数いる事から、駄目ではないけれど避けるのが無難かな?と思います。

また、同じバイカラーでも白と黒という極端な物ではなく、ピンクと濃い目のピンクとか同系色の物ならまたイメージも違ってきますね。

そもそも極端な話、バイカラーは駄目なのに、ダーク色のドレスにライト色のボレロの組み合わせはいいんかい!?とツッコミを入れたい私です(笑)カジュアルに見えるから!って理由なら納得しますけれどね。

本来、フォーマルな服は淡色無地が基本なのだそうです。

スポンサードリンク
ドレスの丈や胸元は?
お昼の挙式では、あまり肌を露出するのはNGです。
ノースリーブなど肩の出ているものは、ボレロやストールを羽織りましょう。また、丈もひざ丈やひざ下の長さが理想です。ミニ丈がNGなのは勿論、足首までの長いものも肌の露出はしませんが避けるようにします。
ドレスの素材は?
お昼に着るなら光沢感や透け感が少ないものを選びます。
シフォン・オーガンジー・レース・ベロアなど。サテンは光沢感があるのでお昼には不向きみたいです。

ラメやスパンコール、ビジューなどは、光を反射してキラキラするのでお昼はNG。なんだけれど、それはドレス全体に散りばめられていた場合で、胸元や襟元など一部分に付いているものならOKです!

また、NGとされているのが、ファーや毛皮、革製品など殺生を連想させるもの。

でも、ファーボレロ。結構着ている人いません?特に冬の挙式だと多いですよね。調べてみるとフェイクならOKとか、マナーを知らない人が多いだけとか色々書かれていました。

ただ、これもバイカラーの時と一緒でファーをマナー違反と認識している方が一定数いる事と、この事で不快に思う方もいるとの事でしたので、避けるのが無難と思います。

夜の挙式の場合

何を着ていく?
イブニングドレスやカクテルドレスなど。ノースリーブや半袖の物を着ます。
ドレスの色は何色?
まず、夜でも花嫁のドレスの色と被る「白」はNGです。
夜のドレスの色は赤・青・紫などはっきりした原色系がおすすめです。黒なら光沢のある素材のものを!

柄は、手の込んだ織り柄はOKですがプリント柄は避けましょう。

ドレスの丈や胸元は?
夜の式では胸元・背中・肩を出すものがフォーマルとされています。イブニングドレスはフロアー丈か足首までの長いもの、カクテルドレスはロングからノーマルまであるようです。
ドレスの素材は?
ラメやサテンの光沢のある物やレース、ベルモットなど高級感のあるものを着ましょう。

夜もファーや毛皮、革製品など殺生を連想させるものは避けて下さいね。

まとめ

以上、結婚式でのマナー【服装編】でした。
お昼と夜で違うのですね。私はお昼の式にしか参加したことないので、夜の服装については無知でした。

前回結婚式でのマナー あなたの服装は大丈夫?【髪型・髪飾り編】

次回は【靴・バック編】をご紹介しますね!

スポンサードリンク

PAGE TOP